2018年2月16日金曜日

2017-18シーズン滑走35日目 ニヤマ久しぶりの青空

降雪が続いて上がってこれなかった第2リフト、久々に晴れたので仁山山頂までやって来ました。更に積もってます。雪質はやや湿気た片栗粉くらいで40cmは積もってます。軽くてしかも沈まないのでスキーが回し易く意外と滑りやすいコンディションでした。この下のダイナミックコースも前回は転んで筋肉を傷めましたが今日は転ばずにフリコ沢まで降りることができました。
テレマーク型外向傾と勝手に名前を付けた方法で安定して外乱に負けずに滑ることが可能になりました。内スキーを少し前に出すだけですけど。

雪のコンディションが良いので高速リフト脇をすり抜けて降りて行く急斜面ナチュラルバーンへもやって来ました。斜度は上部で40°くらいあります。標高が下がってるので第2リフトよりも雪は湿ってます。でも割とスキーは回ってくれるので楽でした。
 この下にある例年ラインコブ練習している斜面はコブが完全に埋まって深雪ゾーンと化しています。

 深雪練習する機会の少ない道南は異例の降雪量でニヤマ高原スキー場にはパウダー板を履いたスキーヤーも沢山訪れています。
動画はこれ


第2リフトからの滑走はこれ

第1A線での360°VRから1方向をトリムした動画はこれ

0 件のコメント:

コメントを投稿