2018年3月6日火曜日

2017-18シーズン滑走40日目 3月に入って初のスキー

3月に入って雨が降ってからの冷え込みで今朝、函館の道路は最恐アイスバーンでした。渋滞や事故が至る所で・・・という訳で温まって道路の雪が融けてからの出撃。標高の高い七飯スノーパークも暖気の影響で融けた雪が凍った上に粉雪が10cmというコンディション。たまにエッジがガリガリと流れるので気が抜けません。

昔買った本を見直して基本練習を。
左側の本はエッセンシャルズ・スキーイング。PMTS(Primary Movements Teaching System)テクニックについて書かれています。その中から今日は
touch-stand-touch-then-tilt
というドリルを。
斜滑降してブーツの先に触れてから立ち上がり再びブーツの先に触れて、ちょっと間をおいてから角付けしてターン
低く縮んだ姿勢で角付けしてバランスをとる練習です。これは伸びあがって切替する従来のターン方法の習慣を消し去ってニュートラルの低い姿勢のままターン始動することを覚えるドリルです。5年前にはこれをやってみても低い姿勢から角付けでターン始動することができずスキーを捻ってずらしてましたが今は出来るようになってきました。このドリルの完成形は角付されたスキーの跡が2本残ることです。まだまだだね。たいして疲れるようなドリルではないのですが帰ってきたら背中が凝り凝りになってました。バランスをとるために体幹が運動していたのですね。
ドリルの動画はこれ


動画はこれ

0 件のコメント:

コメントを投稿