2017年9月26日火曜日

ギリシア神話のアンドロメダ

 アンドロメダ、ギリシア神話では美しいお姫様だそうです。父はケフェウス王、母はカシオペア王妃ですが、ひょんなことから海の怪物の生贄にされそうになります。そこへペルセウスが現れて怪物を倒して救われます。その後アンドロメダはペルセウスの妻となりした、めでたしめでたし。
 怪物退治の様子はだいたい、映画 タイタンの戦い のとおりです。蛇の髪を持つメデューサの首で石に変えるという場面ですね。
アンドロメダ銀河はアンドロメダ座の上げた脚の膝の先あたりに見えます。真っ暗な場所でぼんやりと見えるくらいですが結構大きいです。地球からの距離は何と250万光年。大きさは私達の天の川銀河の2倍以上あります。

写真は今朝3時半ころの撮影 街中なので光害がひどく、私の目では見えません。星を頼りにレンズを向けて試し撮りを繰り返してフレーミングしました。

 ISO 25600
 f 5.6
 ss 1.3秒
60枚撮影したうちの47枚を合成したものです。う〜ん、銀河の渦巻き構造が見えるほどには写ってませんね。まだまだだね。


0 件のコメント:

コメントを投稿